ライトゲームで人気のメバルをルアーで釣るメバリングの入門サイトです。

メバリングの基本知識と攻略法 [feat.釣活]

タックル

おすすめメバリング用ライン

更新日:

メバルラインイメージ

まず、ルアーフィッシングのラインの基礎知識から書くと、素材はナイロンフロロカーボンPEと言う素材がある。

スポンサーリンク

ナイロンの特徴

安い!値段も使いやすさも一番!伸びがあり、まき癖も付きにくく(フロロに比べ)初心者の方にはこれを使っていただきたい。

フロロカーボンの特徴

それほど使われませんがナイロンよりも硬く、感度がよい。スピニングで使うなら5ポンドまでにしておかないとトラブルが尋常じゃない。使用する状況としては根ずれや歯ずれに強いので根掛りが多いところやPEラインのリーダーとしてよく使われる。

伸びが少ないというイメージですがナイロン並みに伸びる。感度がいいのは硬く初期の伸びが少ないのと比重が重く水中で浮遊しにくい性質から。リーダーなどにオススメ。

PEラインの特徴(メリット・デメリット)

メリット

まず、伸びが少ない。ほぼ伸びないと言ってもいい。なのでルアーの動きや後ろをついてくる魚の動きすら手元に伝わってくる感度。ナイロンだと取れないアタリをとることが出来る。

つぎに強度。ナイロンの3倍と言う強度を持っているためワンランク細いラインが使える。飛距離が重要な海の釣りにおいて圧倒的飛距離は一番の魅力。
飛距離をかせげる理由は細さだけでなく巻き癖が付きづらい性質にもある。

デメリット

弱点は、扱いが慣れるまでかなり厄介。特殊素材を使っているためこしが無く、伸びが無いのでガイドに絡みやすく、最悪の場合ルアーがちぎれて飛んで行くこともしばしば。さらに値段はナイロンの2倍以上。

エステルラインについて

最近アジングで注目され一般的になっているのがエステルラインなのであるがこれは比重が重く伸びが極めて少ない高感度なラインで0.6グラムのジグヘッドで水深10メートルの魚を狙うというようなかなり特殊な釣り方に特化したラインとなっている。

アジは底付近を回遊することが多くこういうラインを使わなければアタリがわからず小さなジグヘッドを沈められない為に使われている。

もちろんメバルにも使えるがメバルに関してはそこまでシビアな釣り方をせずとも釣ることは可能でデメリットであるトラブルの多さとショックに弱く切れやすいというマイナス面によりおすすめしない。

メバリングにオススメなラインについて

メバリングのラインは最近PEラインで飛距離稼ぐ釣り方が出てきたが、基本はナイロンで大丈夫。というより、0.5グラムという軽いジグヘッドを使うラインテンションのかからない釣りでPEを使うとトラブルにつながりやすいので初心者にはナイロンが使いやすくオススメ。

それでも最近は世の中のPEラインへの流れがメバリングの世界にも大きな変化をもたらしラパラのラピノヴァのような高性能なライトゲーム用PEラインがシェアを拡大している。

実はすでに私もこのPEラインのメリットの虜になり常用している。

最近のロッドはガイドが小さくフロロカーボンラインだと本当に飛ばない。PEライン前提で作られた竿がドンドンと増えている。アタリもとにかく明確でフロロではどれだけアタリが取れてなかったかがわかる。

リーダーが必要だが、基本的に無茶苦茶引きの強い魚というわけでもなくラインも細くて結び目が大きくならないため電車結びでも特に問題は起きない。面倒な編み込みノットは不要である。

太さは3ポンドもあれば十分。多少根の荒い場所やターゲットが大型のメバルの場合では太めの6ポンド。

小さいジグヘッドを使うならこれ以上太いラインだと操作性が悪い。飛ばし浮きや、中重りなどを使う場合は特に太さは問題とならない。12ポンドのナイロンでもメバルは釣れる

おすすめ商品紹介

ダイワ・月下美人フロロカーボン
ダイワの高性能なライトゲーム専用ライン。フロロカーボン素材でアタリは取りやすく根ズレに強い。
ダイワ・月下美人ナイロン
月下美人ラインのナイロン版小さいメバルを漁港で狙うならこれで十分。色も見やすく初心者にはオススメ。
ラパラ・ラピノヴァ
PEラインではラパラのラピノヴァがおすすめ。ライトゲーム用に考えられた作りになっている。

メバルは目が大きいからラインは細くしないと見破られるというなんか昔の人の定説みたいなのがあるのだが、シーバス用のルアーに大してもガンガンバイトしてくるほどどん欲な魚でシーバス用の4号のリーダーでも全く関係ないみたいである。。

ただ、やはりシビアな時は1グラム以下のジグヘッドしか食ってこないのでそれに合わせてラインも細くしないと非常に扱いづらくなってしまう。
icon
icon
icon

1

メバルはとてもアグレッシブな魚でルアーを投げることが出来るタックルならどんなタックルでも釣ることは可能。 シーバスを釣ろうと9センチぐらいのルアーを投げていて30センチ近い良型のメバルが釣れたりするの ...

2

メバルのことについて知りたいという人のためにまずメバルという魚についてまとめていこう。

3

このページでは基本的なメバルのルアー釣りについて紹介していきます。 タックルなどについては「メバリングタックルの基本知識」に書いてありますのでそちらを参考にしてください。

-タックル

Copyright© メバリングの基本知識と攻略法 [feat.釣活] , 2017 AllRights Reserved.