「釣活」のアジング入門

タックル ルアー

メバリングの仕掛けとワームについて

更新日:

メバリング仕掛けイメージ

メバリングの仕掛けはジグヘッドリグをはじめとしてスプリットショットリグキャロライナリグなど色々な仕掛けがある。それぞれどのような特徴があってどのような場面で使う仕掛けなのか、メバルをワームで狙う仕掛け(リグ)の基本を紹介していこう。

スポンサーリンク

ワームで狙うメバリングの基本仕掛け「ジグヘッドリグ」

ジグヘッドリグの画像
ジグヘッドリグイメージ

まずメバリングの基本であるジグヘッドリグをご紹介する。

写真のような針と重りが一体となったものにワームを刺しこむ。それで仕掛け(リグ)は完成である。

このいたってシンプルな仕掛けをラインに直結し、投げる。

シンプルなのでロッドアクションが直接伝わり、仕掛けをアングラーの思い通りに操ることができる。

メバリングがブームになって色々な仕掛けが産まれてきたが、原点はジグヘッドリグであり、これこそがメバリングの基本なのだ。

ワームのセッティング方法

注:説明用の写真がシーバス用のワームで恐縮です・・・。

ワームはまっすぐに刺すことが非常に重要である。曲がって刺してしまった時は必ず付け直すことを心がけることで釣果が変わる。

付け方で重要なのは、まずジグヘッドをワームに当ててどこから針先を出すかを確認すること。これでまっすぐ刺すことが出来る。

ワームのさし方
上の図のように針先を出す位置を確認してからさす。

ワームのさし方・だめな例
失敗例その一。出す位置が頭から近かった例。これは失敗。もう少し深くさそう。

ワームのさし方・だめな例その二
失敗例その二。深くさしすぎた例。もう少し手前から針先を出せばまっすぐになる。

ワームのさし方・成功例
成功例。このようにまっすぐ刺せば小魚の動きになる。

メバリングのジグヘッドについて

ジグヘッドイメージ

メバリングに使うジグヘッドは各社からかなり細分化されたラインナップが発売されていて迷ってしまうと思う。

まず、重要なのがジグヘッドの重さ。私は0.8〜1グラムを基準として考えて、活性が高く手返し重視時は2グラム、活性が低く出来るだけゆっくり巻きたい時は0.5〜0.6グラムを使う。

重さの基準は人それぞれだと思うが1グラム以下のジグヘッドは渋い時に必ず必要となってくると考えておいた方がいい。

メバリングにおすすめのジグヘッド

オーナー針・メバル弾丸

メバル釣りにはメバル弾丸(めばるだま)、これ常識。繊細な針でノリが段違い。繊細すぎて曲がりやすいのが欠点。アイが2箇所ある流弾丸(ながれだま)もおすすめ。

JAZZ(ジャズ)・尺ヘッド

しゃくってダートさせて釣るときのジグヘッド。軸が太くてシーバスなどの思わぬ大物がかかった時、簡単には曲がらないところもグッド!

メバルイメージ

メバリングのワームについて

ミノーとかメタルジグとかも釣れるが安定的に釣果を出すことが出来るルアーはワーム。

では、どんなワームがいいのか。

尻尾の部分がまっすぐなピンテール系の2インチ前後のワームなら何でもそこそこ釣れる。細いしっぽが付いたタイプがおすすめだ。

素材は柔らかい素材、固い素材など様々なものがあるが柔らかいほうが動きがよく釣れると感じる。

メバリング用ワームのカラーについて

色はピンク黄色を中心に揃えれば間違いない。

だが、派手な色はすぐにスレてしまう・・・。ピンク色は非常によく釣れる色ではあるが、インパクトが強すぎる。インパクトが強すぎるとどうなるか飽きられる。毎年一発屋のお笑い芸人が現れるがインパクトが強いほどすぐに消えてしまう。

そこで、スレた魚におすすめなのが緑!

これが抜群!色んな魚がいるけどどんな魚も緑系のワームがかなり効くとルアー釣り歴の実績から断言できる!

ワームのカラーローテーション

メバリングにおすすめのワーム

34 オクトパス

柔らかく非常に繊細な動きが可能なワーム。アジング用にもよく使われるがライトゲームなら何でも対応できる万能ワームである。

オンスタックルデザイン マゴバチ

触ればわかるこの柔らかさ、まさに生き物と呼んでよいレベルの質感で違和感なくメバルに食わせる事ができる。指で簡単に千切れ、ちぎって使えばマッチ箱サイズの魚まで対応可能。

パニックベイト メバル

パニックベイトはワームではなくバケとかカブラとかの漁具に近い。壊れにくい素材でつけやすい。空気抵抗が大きく飛距離は落ちるがキャロなどでは非常に実績が高いワームなのでおすすめ。

バークレイ ガルプ!アライブ ベビーサーディン

あんまり教えたくないぐらい釣れまくるのがこのワーム。生分解性素材だからもうほぼエサ。味とニオイのアドバンテージも最強。

エコギア グラスミノーSS

メバル用としては少し大きめサイズのワームなのだが、活性が高い時などは手っ取り早く結果の出るワームである。ガシラやセイゴなどにも抜群に効くワームとなっている。

他にも色々とワームがあるがひとまず上記のものがあればメバリングは開始出来る。色々とワームを試してきて最終的に使うワームはいつも同じでいつも釣れる^^

初心者向けにエコギア(ECOGEAR) ポケットイン メバルセットというようなセットも売っているので迷ったらこういうのから買うというのもあり。

飛距離をあげるための仕掛け紹介

メバリングの基本はジグヘッド単体の仕掛けであるいわゆるジグ単なのだが最近では風の強い日に使ったり飛距離を稼ぐために使ったり、より深い場所を攻めるために使ったりするキャロと呼ばれる仕掛けを用いるようになってきている。

キャロはプラスチックのボディーにシンカーを搭載している中通しシンカーを使うためある程度浮力が高く中層をゆっくり引くことの出来るアイテム。

スプリットショットリグは比重の重い鉛やタングステンを使うので沈むのが速く飛距離も稼げる仕掛けで潮流が速い時深い場所を攻めたい時に活躍する。

Fシステムはフローティングの飛ばしウキを使った仕掛けで、ゴロタ浜などの水深が浅く沈めると引っかかりやすい場所で活躍する。

色々と便利なアイテムを使い分けることで釣果を増やしていくと良いだろう。

メバルのワーム参考ページ

メバリングタックルの基本トップへ戻る

1

メバルはとてもアグレッシブな魚でルアーを投げることが出来るタックルならどんなタックルでも釣ることは可能。 シーバスを釣ろうと9センチぐらいのルアーを投げていて30センチ近い良型のメバルが釣れたりするの ...

2

メバルのことについて知りたいという人のためにまずメバルという魚についてまとめていこう。 メバルという魚 まずはメバルについての基本情報を書いていく。 メバルは最大30センチ前後で尺メバルという30セン ...

3

このページでは基本的なメバルのルアー釣りについて紹介していきます。 タックルなどについては「メバリングタックルの基本知識」に書いてありますのでそちらを参考にしてください。

-タックル, ルアー

Copyright© メバリングの基本知識と攻略法 [feat.釣活] , 2018 AllRights Reserved.